ホーム >  装備

装備

一般的な山歩きと違い、沢登り用の装備の中 には特殊なものもある。崖や滝を登攀するた めの装備や、川の中を泳ぐ想定のギアが必要 になる。自身の身を守りつつ、安全で快適な 沢登りを行うには、ここで紹介する装備やギ アを必ず揃えておきたい。きちんと準備さえす れば、沢登りを始めるためのファーストステッ プはクリアしたも同然だ。

基本装備としてウエアは沢登りに特化した ものを選ぼう。滝のシャワーを浴びたり、川 の中を泳ぐ場面がしばしばあるので、ウエア は水切れのよい素材を選ぶ。沢登り専用の ウエアとパンツを身につければ申し分ない。 岩場に身体が密着することを考慮した補強 も随所にほどこされているからだ。沢登り専 用のシューズもある。フエルトや特殊なゴム ソール仕様で、濡れた岩場に足を置いてもス リップしにくい。これも必須のギア。また岩 場に膝をついたりするシーンも少なくないの で、ニーパッドなどの専用防具も装着すれば 万全だ

グローブ/岩場をつかむ手を保護し、怪我から手を守る。沢登り用グローブの手のひら部分には、 ロープが滑らないよう特殊加工が施されている
ハーネス/沢登りの必需品。自分とロープをつなぐいわゆる安全ベルト。命を託す大切な 道具なので、必ず試着を重ねフィット感などを確かめ妥協せずに選ぶこと。初心者には着脱 が容易なシットハーネスがおすすめだ
専用パンツ/防水性に優れたロングタイツの上に穿くショートパンツ。岩場に腰 かけたり、浅い急流をすべり台のようにすべって愉しむこともあるため、尻周りに補 強がほどこされたタイプがのぞましい
ヘルメット/落石や転落・転倒の際に頭を守る非常 に重要な道具。岩場を登る際、頭を岩に不意にこすっ てしまう場面もあるので、絶対に装着すること。あご 紐をしっかりと締めて、グラつかないようにする
ATCガイド(イラスト上):崖や滝を登攀する際、このATCガイドにロープを通して自身の身体を確 保する。墜落防止の役割と共に懸垂下降する時にも活躍する
ATC(ビレイ器 イラスト下):クライミングの際の落下防止器具。ロープを通して 使用する。崖を安全に下降するためにも必要不可欠。形状はさまざまあるが、イラストのものはバ ケツ型と呼ばれ、シンプルな構造ゆえ操作ミスしにくい
カラビナ/滝を登るルートを行く場合には欠かせ ない。岩場にとりついて登攀する際に身体を確 保するためのロープを通して使う